美人セラピストとの甘いムードは神保町出張マッサージの個室サービスで

美人セラピストとの甘いムードは神保町出張マッサージの個室サービスで
疲労解消の心地良さや快感を堪能するだけでなく、美人セラピストとの甘いムードも同時に味わいたい・・・そんな男性の贅沢を叶えてくれるのが、出張マッサージの個室サービスです。
現在多くの出張マッサージが個室サービス可能となっています。駅から徒歩数分というアクセス便利なロケーションにラグジュアリーに満ちた個室を用意しており、仕事帰りに気軽に立ち寄り極楽気分を堪能してゆけます。
高級ワンルームマンションを活用した個室は防音性能やセキュリティに優れ、プライバシーは万全です。そんな豪華な個室で若い美人セラピストと2人切りになれるのですから、堪りません。
セラピストは20代を中心に容姿端麗かつ技術優秀な人材が厳選されています。上品な物腰や接客マナーで男性の緊張を素早く解き、甘いムードへと誘ってくれます。
施術は繊細な手指をしなやかに動かすアロママッサージがメインです。辛いポイントをたちまち探り当て、丁寧に揉みほぐし楽にしてくれます。またオプションでリンパマッサージやパウダーマッサージ、足ツボ等を追加可能です。
施術は繊細な手指をしなやかに動かすアロママッサージがメインです

本とカレーと純喫茶の「神保町」

「神保町」は「じんぼうちょう」と読み、今は正式な町名として「神田神保町」となっています。
江戸時代には、武家屋敷が多く存在する地域でした。
その武家の中に旗本神保長治がおり、その邸宅前が神保小路と呼ばれていたそうです。
地元の人々に神保小路と呼ばれて定着していき、表神保町(おもてじんぼうちょう)、裏神保町(うらじんぼうちょう)と呼ばれる地域もありました。
それにちなんでこのあたりを「神保町」と名付けたのが明治5年のことでした。
今では「神保町」と言えば、本とカレーがとても有名です。
また読書家がゆっくりと本を読める純喫茶も多くそんざいします。
時間が進むテンポがなんだかゆったりと感じられるような、レトロな雰囲気のインテリアとおいしいコーヒーが人気です。
古本屋はたいてい北向きに店舗を構えています。
これは、強い太陽の直射日光が当たると、紙でできている本が傷んでしまうからということです。
元祖カツカレーのお店があったり、カレーもそれぞれの店の特徴があります。

トップに戻る